水の森美容外科

  1. 水の森美容外科求人情報サイトTOP
  2. 医師(ドクター)の求人詳細
  3. 名古屋院医師 藤澤 空彦

医師(ドクター)の求人詳細

[名古屋院]医師

藤澤 空彦

今まで培った経験を生かして美容外科分野でも精進し、少しでも来院される患者様のお役に立てるよう頑張って参りますので宜しくお願い致します。

求人Q&A

小児外科から美容外科へ転科した理由を教えてください。
医学生時代の初期から自分の腕を使って病気を治していく外科系を志していました。そんな中、ローテーション(臨床実習)で小児外科の雰囲気や小児の外科疾患はほとんどが治癒するということに魅力を感じ、九州大学小児外科に入局しました。医局の人事で全国各地の病院を1年おきくらいに転々とし、それなりにやりがいを感じていましたが、慣れてきた頃には次の病院に移動することに疑問を感じ、一か所に留まりしっかりと経験を積み診療したいと思うようになりました。
研修医時代、私自身顔面の外傷(眼窩底骨折)を受け、同じ病院の形成外科の先生に手術して頂いた経験があり、その頃から主に外見を治療する形成外科に興味を持っていました。
転科するなら思い切って全く違う世界に飛び込んでみようと考えていた最中、容姿をよりよいものにするという美容外科という分野が、どの様な世界なのか興味を持ち転科しました。

数多い美容外科の中で、水の森美容外科に入職を決めた理由は?
最初は深い理由はありませんでした。
転職サイトを見ていて、目の前に飛び込んできたのが水の森美容外科でした。これも縁だと思い、話だけでも聞いてみようと問い合わせた事がきっかけです。
いわゆる他の大手のクリニックとは違い、ドクターの数は少ないものの少数精鋭でしっかりスタッフ教育をしており、理念を中心に美容に関して真剣に考えている職人達が集まっているクリニックである印象を受けました。
一般的に言われているように美容外科の世界では、自由診療であるがゆえに本来必要ではない治療もまかり通っているということも知り、不必要な治療は行わない、営利目的の営業も行わないということも入職しようと思ったきっかけでした。このクリニックなら美容外科医に必要な技術の習得と、社会人としての成長もできると直感し入職を決意しました。

水の森美容外科で働いていて喜びに感じる事はなんですか?
やはり患者様からのお礼や「よかったからもう一回来ました」と言われた時です。
美容外科は本来、カウンセリングからデザイン、施術の最初から最後に至るまで、場合によってはその後のフォローも全てにおいてミスが許さない厳しい世界です。患者様も医師も人間なので、絶対間違いがないか、ミスをしないかと言われると、正直それは絶対とは言えません。しかし、極力その間違いをしない、減らしていくという工夫や技術、努力、あるいは集中力、また万が一ミスをした場合は誠意をもって、しっかりした対応が必要かと思われます。特に病気の患者様を相手にしているわけではないので、その点では一般の保険診療と比べると求められるものもまた違います。
そんな中、頑張った末に患者様からありがとうございましたと満面の笑みで言われた時は最高だと思っています。
美容外科へ転科を検討している先生へのメッセージ
一般診療とは異なり、美容外科は一見華やかに見えると思います。確かに大前提として健康な方を対象にしている為保険診療とは考え方など若干違いますが、ただよりよいものを求めるという意味では一緒かもしれません。ただし必要とされている技術は極めて繊細なものですので、そういう意味では美容の世界は奥が深いと思います。
なので、転科を検討されている先生がいらっしゃったら、しっかり一から教育してくれる病院、クリニックを選ぶべきだと思います。
水の森美容外科は院長はじめ、全てのスタッフが技術や知識を習得まで時には教育し、時には協力し、時にはアドバイスをしてくれます。かなり厳しい、辛い時もありますが、その分深いところまで教えてくれるのでとても身になっています。

経歴・エピソード

大学時代

大学時代はテニス部に所属していました。
テニスは一見爽やかなイメージがありますが、それとは程遠い、縦社会の厳しい部活でした。体力的な面も含め、ある意味人生の中で一番辛いものではありましたが、仲間に恵まれ、その中で得た経験は今でも役立っています。
アルバイトは家庭教師をはじめ、コンビニ店員から、試験監督、ジュース屋さんなどいろいろなものをしていました。今ではどれもいい思い出です。
また時には日本全国ひとり旅をしたり、海外はオーストラリアに語学留学、それ以外にもタイ、韓国や中国、ペルーなどといった国にも行くことができたので、充実した学生生活を送ることができたと思います。

小児外科医勤務時代

小児外科は九州大学病院の医局に所属していたため、大学の人事でいろいろな病院に転勤していました。研修医時代からも含めると今勤務している名古屋も含め計6回引っ越しをしました。しかも毎回1000km以上の大移動…慣れてきた頃には次の職場に異動ということで、いろんな人に出会えた反面、毎年移動しなければならないというのは正直辛いものがありました。診療自体はいろいろな疾患と手術を経験することができたため充実していました。

水の森美容外科に入職

一度きりの人生だから転科するなら思い切って別分野を選択しようと思っていました。
美容外科は、学生時代に遡っても知識や手術法などに関して全くと言っていいほど知らない分野ですし、通常の保険診療と比べると別世界だと予想していました。今までの医学的な常識は通用しない、かなり辛いものであるとある程度の覚悟もしていました。
以前勤めていた病院の医師の話では、美容外科に転科となると不必要な手術の提案や強引な営業をさせられ、精神的に参って辞めていく医者も多いのではないかとか、そもそも病気を治す科ではないので保険診療にはない辛さがあるとか、美容外科にはまともな医師がいないなど、あまりいい話は聞いていませんでした。
確かにそういう噂が流れるくらいなので、火のない所に煙はたたないとも言うよう、ある程度は真実だろうと思っていました。そういう意味では思い切りも大事ではあるが、しっかりと教育してくれるクリニックを選ぼうと思い、慎重に吟味し、水の森美容外科を選択しました。
入職してから知らないことだらけだったので、覚えることが多く辛いこともありましたが、一旦覚えてしまうと後はそれを活かして応用していくだけなので、今は美容外科の面白みというものも実感しています。営利目的の営業なども全くありませんので(仮に無駄な治療、営業をしたとしたら院長にど叱られてしまうと思います笑)、精神的に無駄に辛いということはありません。少しでも疑問に感じたことがあれば、どのスタッフに質問しても丁寧に教えてくれるので、学ぶ環境としても水の森美容外科は素晴らしいクリニックだと思います。
最後に、私自身他の美容クリニックに勤務したことはないので、相対的な評価はできませんが、私は転科してよかったと思います。