水の森美容外科

  1. 水の森美容外科求人情報サイトTOP
  2. 医師(ドクター)の求人詳細
  3. 名古屋院副院長 西川 陽平

医師(ドクター)の求人詳細

[名古屋院]副院長

西川 陽平

患者様に信頼していただける美容外科医となることを使命として肝に銘じ、精一杯努力してまいりたいと思います。

求人Q&A

転職の際にクリニック選びで迷いませんでしたか?
非常に悩みました。
私の希望として、第一にしっかりとした美容外科の手術が学べるクリニックというものでした。収入の面は関係ない、といえばもちろん嘘になりますが。
転職の際に数院の美容外科クリニックの面接を受けました。ある大手クリニックの面接では、私のような美容未経験の医師に対して驚くほど高額な金額の提示を受けました。正直なところ給料の面では惹かれましたが、まだ分不相応な医師にそれだけの額を提示することに、何か裏がありそうだなと違和感が芽生えました。それ以来、最初の誘惑に負けずに、長い目で医師としての将来を考えてクリニックを選ぼうと考えたことを思い出します。
次に水の森美容外科を受けましたが、大手とは印象が全く違いました。無料モニター制度を使って先輩医師がマンツーマンで手術指導を行い、自らの技術を余すことなく伝授してくれるという研修システムは、技術の修得を優先的に考えていた私にとって非常に魅力的でした。

水の森美容外科に入職した理由は?
入職前の面接で、私の一年先輩である現大阪院院長の田川先生にも話を聞く機会がありました。この一年で田川先生がいかに多くの手術を体得したか、さらに技術だけではなく美容外科医が持つべき道徳倫理を養うことができたか、など有意義で濃密な時間を過ごしていることがありありと伝わってくる内容でした。
この先輩医師の実感のこもった体験談を聞いたことは、自分がここで働いた場合に一年後どのような成長ができるのかイメージできました。転職するときに不安はつき物ですが、私にとって大きな後押しとなったと思います。

入職したあとに感じたことは?
転職を思い立ったとき、私はまだ自分の進む道を決めきれていれていなかったと思います。元々皮膚科なので美容の技術を覚えて幅広く美容皮膚科としてやろうか、なんとなくいずれは開業もしてみたい、など考えが曖昧でした。しかし、それを竹江総院長に指摘されてしまいました。あっちもこっちもと浅く中途半端な考えでは、結局何も成すことができない。この水の森美容外科に入るなら、美容外科に一本に絞ってやる覚悟を決めてきてもらいたい、と。本当に悩みましたが、自分の中にひとつ芯になるものを作りたいと、一大決心して皮膚科の過去を断ち切る覚悟で入職しました。
現在は、できる手術が増え、そして多くの症例や経験を積むことで自分の自信になっていると実感できます。また、患者様が結果に満足して喜んでくれたり、私を指名して頂くことも多くなりました。この瞬間が非常にやりがいを感じます。この水の森美容外科で働くことで、とても充実した日々を送っています。

経歴・エピソード

大学生時代

私はラグビー部に所属していました。自分で言うのもなんですが、当時の我が部はいわゆる黄金時代でした。東医大で8連覇し、私はその真っ只中に在籍していました。
大学4年生の時には1年間主将を務めましたが、勝たなくてはいけないというプレッシャーや不安からものすごくストレスを抱えており、間違いなく今までの人生で最も辛い日々だと言えます。しかし、同期の仲間、先輩、後輩全てのチームメイトに支えられ、なんとか優勝を掴むことが出来ました。それが大学時代の一番の思い出です。ラグビーをやっていて得ることのできた数々の体験、重圧に耐えて達成してきた出来事が、自分を成長させ、その後の人間形成に大きく影響していると実感します。医師となり社会に出てからも、辛い事などがあると当時のことを思い出して自分を奮い立たせています。

皮膚科勤務時代

私は出身大学での初期研修を終えて、同大学の皮膚科に入局しました。
それと同時に大学院にも進み、臨床と研究を同時にこなす毎日でした。
大学病院では皮膚癌や難治生皮膚疾患を、また市中病院では一般的な皮膚疾患を中心に、幅広い治療に携わることができました。 また大学院在学中は臨床から少し離れ、研究に没頭する期間を得ました。その間は何度か国内外の学会へ行き発表したり、論文を書くなど、非常に貴重な体験が出来たと思います。
皮膚科に在籍していた4年間で臨床や研究のとても多くのことを経験できました。
当然、まだまだ知識、技術、経験どれを取っても序の口で、一人前と呼べるレベルには到底及んでいませんでしたが、それでも大学にいたおかげで幅広く皮膚科という分野のエッセンスを垣間見られた気がしていました。
そして、大学院を卒業して次のステップを考えた時に、このまま皮膚科医としてキャリアを積んでいくか、それとも別の道に進むか、という選択になったのです。当然医局に所属して月日を重ねたら、着実にキャリアを積んで将来的にも安泰だったかもしれませんが、その当時、私は現状に少し不足感を抱いていたことも事実です。自分自身がもっとやりがいを感じられる仕事、活力を持って取り組める仕事をやりたいと。
皮膚科領域だけではなくもっと自分の技術の幅を広げたいと思い、美容外科の分野に興味を持ちました。

水の森美容外科に入職

私が水の森を選んだ理由は、第一にしっかりとした美容外科技術を修得できそうだったということです。私のように一般診療科出身の医師にとって、美容外科業界のことは情報も入りづらく、その中に飛び込んでみないとわからないことが山のようにあります。そこが入職前に最も不安になる点ではないでしょうか。
結果論ですが、私はこの水の森に入職して良かった、本当に運が良いと心から思います。
他院で手術をして失敗した、効果がなかった、など修正希望の患者様を診ることがあります。私の性格上、もし自分が手術した患者様がこのようになってしまったら、と想像すると非常に辛いですし怖いものです。このようなことは、間違った指導や、そもそもしっかりとした研修を受けずに手術してしまうことで起こるのではないかと思います。
この水の森 は、総院長や先輩医師からマンツーマンで丁寧な指導を受けられます。正直に言いますと、私はある手術を覚える段階で苦手な工程があり、なかなか修得できませんでした。しかし、総院長は私が克服できるようになるまで、どんなに時間がかかってもとことん付き合って指導してくれました。このように身につけたしっかりとした技術は、今では自信を持って患者様に提供できます。やはり、自分の手術で患者様が満足して喜んでくれるのが、医師にとって一番のやりがいですよね。
このクリニックに入職して良かったことがまだあります。水の森は医師だけではなく、看護師、カウンセラー全てのスタッフの人材育成に力を入れている為、人間的に魅力があり信頼できる職員が沢山います。
技術への確かな自信と仕事へのやりがい、そして働きやすい環境にも恵まれて、今はとても幸せな日々を過ごしています。