水の森美容外科

  1. 水の森美容外科求人情報サイトTOP
  2. 医師(ドクター)の求人詳細
  3. 東京銀座院院長 末永 裕信

医師(ドクター)の求人詳細

[東京銀座院]院長

末永 裕信

患者様にとって最も信頼のおけるクリニックを目指し私もより一層精進して参ります。皆様のご来院を心よりお待ち申し上げます。

求人Q&A

美容外科医になったきっかけは?
私は、もともと医学部に入学する以前から、美容外科という領域には興味をもっていましたので、ある程度、美容外科医として働くことになるかもしれないと学生時代から予感していました。その後、実際に美容外科で働く先輩等の話を聞いているうちに徐々に気持ちが傾いていきました。

水の森に入職した理由は?
私の場合、初めは、大手の美容外科に入職しました。外科では、ただ単純に経験した症例数がものをいうものだと考えていたからです。後に気づくことではありますが、これは正しくもあり、間違いでもあります。確かに、経験した症例数は多かったと思いますが、大手ではどうしても流れ作業的な一面があることは否めないのと確立した指導体制がないために、1、2年もすると技術的な限界を感じることとなります。
また、ドクター間での売上の競争も強いられるため、不必要な施術や効果のない治療を患者様にお勧めしなければならない無言の圧力を感じます(苦笑)水の森では、第一に患者様の利益を考えますので、そのようなネガティブなプレッシャーを感じることはありません。
また、技術指導に関しても総院長の監修の元、すべてのドクターが一律に高レベルな技術を習得できるような体制を整えているところにも魅力を感じました。

大手を経験後、水の森以外の選択肢はなかったのですか?
前職の退職を決意した後に見学させていただいたクリニックは実は5~6か所はあります。その中には、準大手クリニックや著名な個人クリニックもありました。 ここからは、あくまでも私が実際に見たうえでの見解や知人から聞いた話にはなりますが、まず、いくつかの準大手のクリニックについて触れるとするならば、大手に比べて営業的な側面は弱いのかもしれませんね。そして、統一した技術的指導がない事もある程度共通していました。
在籍している医師に元大手経験者が多い所などを考えると、大手の強い営業に嫌気は刺したけど、なんとなく今までの経験でやれればいいかな、というスタンスの先生が多いのかもしれません。
また、応募要領に『院長の後継者候補求む!』のような名の知れた個人クリニックなども存在したりしています(笑)
実際に院長がみっちりと技術を指導してくれるのかと思って話を聞きに行ったこともありますよ。もちろん、院長直々の指導ですから、お給料に文句を言うつもりはありませんでしたね(笑)でも実際に話を伺うと、院長から直接の手術指導を受ける機会は皆無で入職後数年は、仕事のほとんどがカウンセリングやレーザーを照射することでした。また、カウンセリング次第では、お給料に反映することができますので頑張ってくださいと言われました。つまり、ここでも営業はあるのだなと感じた瞬間です(苦笑)。ダイレクトに言葉で伝えられるわけではありませんが、院長が効率よく手術を回せるようにカウンセリングやレーザーを担当する要員なわけです。
私自身は、外科技術の向上を望んでいましたのでお断りさせていただきましたが‥
そのような中、水の森美容外科だけは患者様に無駄な営業を押し付けることもなく、かつ、徹底した技術指導を行っていた唯一のクリニックと言って良いかもしれません。もはや、私に迷う余地はありませんでした。

水の森に入ってよかったことは?
やはり、美容外科として着実に技術を向上させることができた、と実感できることですね。また、技術のみならず、美容外科医として常に患者様を第一に考える事ができる環境があるということです。
これは、一見当然のことに思われる方もいるかもしれませんが、美容外科では冗談抜きで売上第一主義なクリニックが多数存在しているため、そのような環境では患者様にとっての満足よりも、まず、売上を考えなければなりません。
また、医師に限らず、スタッフ一人ひとりの向上心も高くそのようなスタッフに囲まれて仕事ができることに胸を張ることができます。

経歴・エピソード

研修医時代

私が医師として初めて働いていた病院では、内科から外科・麻酔科・救急科などで様々な症例を経験する機会に恵まれました。特に、救急車の搬送台数はとても多く、その対応に追われていたことを懐かしく感じます。今でこそ、懐かしいという感情がありますが、当時は一日一日がとても速く過ぎ去っていくようで疲労や眠気も感じることを忘れるほどでした。ですが、その経験のおかげで現在の自分があることには間違いありません。
並大抵の苦労や忙しさであれば耐えうるだけの忍耐力を獲得することができましたし、何より、救急時・急変時の対応などは今現在も必要となる可能性はあるため、非常に有意義な2年間であったと感じます。
また、頭では理解しているつもりでも、実際に働いてみる中で、医療とは医師のみならず、看護師・薬剤師など支えてくださるすべての医療スタッフとの連携の上に成り立つものであり、一人では何も成し得る事はできない、ということを実感いたしました。
もちろん今でもその思いは変わりません。

大手美容外科時代

私が初めて美容外科として働いていたクリニックでは、プチ整形から、脂肪吸引・豊胸手術に至るまで全国で毎日何件もの手術が行われていました。入って1か月もするとプチ整形や埋没法は既に見よう見まねで行うような環境でした。1年もすると、豊胸手術や脂肪吸引なども行うようになってきました。症例件数はかなりの数をこなしたと思いますが、どこかしら、技術的な壁を感じ始める頃です。
大きなトラブルや失敗はもちろんありませんでしたが、やはり、確立した技術指導がなかったことが、技術的な行き止まりを感じ始めた理由かもしれません。先輩ドクターの手術などを見学するのですが、やはりやっていることは、正直皆バラバラな部分もあり、同じ手術をやった結果もドクターによって大きく異なる場合などもありました。
しかし、豊胸や脂肪吸引などいかにも美容外科!という症例を多く行える環境にあったため技術的な壁は感じつつも、その後2年ほど在籍し、自分なりに手術書などを読み漁りながら自分の技術の向上を目指していました。

水の森入職後

まず、それまでの数年間で培ってきた手術法や考え方は洗い流し、基礎から習得しなおす事から始まりました。もちろん、今までの経験は知識としては生かすことはできましたが、医学的に正しい手術の方法を覚えなおし、それを地道に実践する。その繰り返しです。私のような美容外科経験者であれば、通常は最も抵抗を感じる部分かもしれません。どのような分野の方であっても、『経験者』という事実が、新しい環境に飛び込んだ時に、逆に足枷になる可能性があることは想像に難くないでしょう。多くの美容外科経験者もここで躓いてしまうことが多いのだと思います。
私自身は、結果的に自分の人生にとって着実なスキルアップが望めるのであれば、一時の『経験者』というプライドは邪魔になってしまうものだと自覚していたため、新人と同じような気持ちで一から始める覚悟でした。そうすると、その気持ちに応えてくれるように総院長をはじめ先輩ドクターみんなが自分の時間を惜しむことなく技術指導をしてくださいました。
結果的には、そのお蔭で、水の森に入職してわずか1年ほどで大手美容外科に在籍していた数年間よりも手術の精度も格段に高まったと思います。また、当院は少数精鋭の医師で行っておりますので、実は症例件数もかなり豊富なのです。もちろん、流れ作業のような事にはなりませんので、日々着実に技術を向上させられる環境にあると思います。
現在では、そのような恵まれた環境の中で仕事を行えておりますので、あの時の私の選択は間違ってなかったのだと、確信を持てています。

メッセージ

私は、大手美容外科を経てから水の森に入っていますのでその立場からお話しさせていただきます。 前述したように、大手では症例数だけは多かったと思いますが、流れ作業的な面があること、確立した指導体制がないために、ある程度の技術が必要となってくる手術に関しては(切開系の手術や鼻尖修正など)、何となくやっているドクターばかりで1、2年もすると技術的な限界を感じると思います。そのため、私自身は大手美容外科に勤務する多くのドクターが実は、入職後の数年で1度はその先の身の振り方を考えているのだと思います。中途半端な技術のまま5年10年を過ごしてしまえば、おのずとその先は見えてきます。
しかし、一度、高額な給与をもらってしまうとその待遇を下げてまで、もう一度基礎から始めようと行動できるドクターはほぼいないのです。大切なことは5年先10年先を見据えた選択をすることだと思います。
水の森にはそのための技術や環境がそろっています。
できれば、最短で皆さんがそのような選択ができることを望んでいますので、是非、同じ志を持って水の森の扉を叩いていただければ幸いです。